precious memories
毎日の出来事は日々思い出になっていくから。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の救世主
2005年08月10日 (水) 05:18 | 編集
お肌がガサガサしちゃったときに、頼もしいお助け役がこの一本。


クラランス(オイル)スキン ビューティーリペア
あっと言う間に治る、ということは無いですが、3,4日でガサガサしてた部分がすっきり治ります。

私は肌が弱いのですが、昔、母愛用のスクワランオイルを試して、さらに肌がかゆくなった経験から、オイル系はずっと避けていました。

それが去年、乗り継ぎで立ち寄ったマレーシアの空港で、店員さんに勧められたのがきっかけでオイル系のコレを使うようになりました。

本当は、アジアでしか見つからないからと、美白系の化粧品を探していたんです。
それなのに、そのとき飛行機の乾燥で肌がゴワゴワしていた私を見て心配してくれた店員さんが、この商品の試供品をくれたのがきっかけ。


最初から私がクラランスのものを探していた訳ではなく、たまたま近くにいた店員さんに美白の化粧品の有無を聞くと、その方がクラランスの担当だったという・・・。

しかも、とても熱心にクラランスの良さを語られ、最後には予想もしなかったのに、クラランスの美白商品を購入。(これもいいですよ)
そのときに、たくさんのクラランスの試供品をいただきました。

半信半疑の中、早速飛行機の中でこのオイルを試してみたら、スゴク良かったのでした。

保湿してくれるけど、サラサラしていて、ベトベトすることも刺激も無い。香りもなんだか癒されるアロマ系の香り。
ピリピリしていた肌が、落ち着いてくれました。 

そのあと、早速次の乗り継ぎの空港(もう一回乗り継ぎがあったのです・・・)で、現品を購入していました。


空港の免税店の店員さんって、説明も無く、ただ商品を出してくれるだけの人が多いから、あんなに商品を熱く語ってくれたことに、感謝。

それまでクラランスには見向きもしなかった私を、クラランス愛用者(・・・やや誇張。そんなにたくさん買えないし、他のも試したい、移り気な私)に変えてしまった彼女でした。

彼女の語り口から、彼女自身、ココの商品が好きなんだろうな、ということを感じました。本当に○○だ、と思って語ることって、やっぱりちゃんと人に伝わりますね。

そんな免税店でのお買い物もいいのですが。
≫ "私の救世主" の続きを読む...
スポンサーサイト
レトロな布地たち
2005年08月04日 (木) 21:49 | 編集
fabric-045.jpg


先日、Dが行ってみたいと、かなり怪しげなお店に入りました。
食品や衣料を含めて、売っているものは結構古そうなものが多かったのですが、私の目を引いたのが布地コーナー。

なんだかちょっと昔懐かしい感じの布地が、山積みになっていました。

ミシンもない我が家。
布地を買ったところで、手縫いでは何も作りたくないかもな・・・。

とも思ったのですが、こんなにレトロな柄の生地は、滅多にお目にかかれない、と買っちゃいました。

何を作るかは・・・。これから考えます。
でも、この布地買い。 なんだかはまりそうな予感。
いろいろ気の向くままに、レトロな布地を集めるだけ集めてしまいそうです。後のことも考えずに・・・。
未知の花たち
2005年07月27日 (水) 03:08 | 編集
PURPLE.jpg


ウチのご近所さんは、皆さん花壇をとってもきれいにしておられます。

日本でも、恐らく同じようにきれいにしているおウチは多いと思うのですが、咲いている花の種類、植物の種類が違うからか、全く違った印象を受けます。

やっぱり、大陸や気候、文化が違うから咲くお花が違うんでしょうね。



この花は、現在咲いている花で“珍しいな”と思うもの。名前を調べてみたのですが、見つからなくて断念です。

雌しべが一本ニョキッと出ているという井出達や、ピンクと紫のコンビネーションがかわいいのです。


さて。話は変わるのですが。
ベベピウピウさんからフランという料理を教わりました。
≫ "未知の花たち" の続きを読む...
copyright © べる Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。