precious memories
毎日の出来事は日々思い出になっていくから。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティー・パーティー
2006年02月21日 (火) 12:21 | 編集
・・・って程ではないのですが。

休暇に行く前にぜひ、と思ってこの日は、近所の方々に来ていただいて、軽くお茶会をしました。  恥ずかしいのですが、写真をドウゾ
tea.jpg


外国人に来てもらうときに困ってしまうのが、お料理。
和食っぽいのを作らないといけないんじゃないか、とプレッシャーを感じてしまう。
・・・の割には、受け付けてもらえないものも多いんですよね。

うちにも外国人(=D)がいるのですが、そこはホラ、うちの外国人は雑食系でして、アフリカまで来てキムチを自ら作ってしまうという人(コチラ)。
納豆を含めて何でも食べてくれるんで食事は基本的に私の好きなもので平気なんですよねぇ。
で、以前、イタリア人にワカメの入ったお味噌汁を出して、部屋を退出するを得ない状況に追い込んだ私です。(ハハ。。。匂いがダメだったらしい)

ま、こんな私の失敗談も誰かの教訓になってくれればイイのです。  
                                開き直り?

ところで、この近所の方々なのですが、国籍が入り混じっていて、インド系の人 (“違う~!”って怒られちゃいそうですが、ここではスリランカ、インド、パキスタン、バングラデッシュはまとめさせてください) も何人かいます。

インド系の人、今までにも会ったことはあるのですが、今回のこの人たちの中には外国でも毎日サリーを着てお部屋にはサイババのお写真を飾っている人もいます。
私から見て、ザ・インドな方々なんですよねぇ。 (わかりにくい表現でスミマセン)

で、ここからが本題なのですが
今回来ていただいたインド系の方の中には宗教上のベジタリアンの方がいました。お肉も卵も牛乳、乳製品もダメ、その上地面の中に実をつける野菜(ジャガイモ、人参など)もダメという、私からしたら、「何を食べて生活してんの?」という人です。
そんな彼女たちも、自分たちで作ったルールがあるようで、例えば卵や牛乳は、ケーキに入れるなどそのままの姿でなければ食べてもいいことにしているそう。

彼女たちの菜食主義。当然私も知っていたのですが、なぜか都合のいい方向にだけ覚えていたようで・・・。


≫ "ティー・パーティー" の続きを読む...
スポンサーサイト
最近、買えるようになった物たち
2006年01月20日 (金) 03:06 | 編集
ここでは過去にイタリアに侵攻されていた時代があった為に、イタリアを始めとした、欧米のものは(種類は限られるものの)購入可能だったのですが、アジアの調味料は、本当に手に入るものが限られていました。

sauces.jpg
 ところが、最近種類が増えてきて、うれしい限りです。


以前から、中国製の醤油や煎餅などは見ていたけれど、東南アジア諸国のものも入ってくるようになりました☆ ウレシイ・・。この他にも、ブラックビーンペーストやら、海鮮醤やら入ってきていて、お料理の幅が広がります♪

でもね、真ん中のお酢。『ライスビネガー』の文字だけに気を取られて購入したのですが、帰ってきて見ると、『ジャスミンライスビネガー』って…。なんだか怖くて、まだ開封していません。
Dにも、突っ込まれてしまいました。美味しいのかな…?

≫ "最近、買えるようになった物たち" の続きを読む...
順応性に優れたD
2005年12月12日 (月) 05:02 | 編集
先日、エチオピア料理の1つ、ティブスを料理するところを目の前で見る機会がありました。
ちなみに普段、レストランに行って注文すると大抵、出来上がったものが熱い鉄板の上に乗せられて、ジュウジュウいいながら出てきます。

作り方はというと、
大きな鉄板に油を敷いて、牛肉(羊肉のこともありますが、この時は牛肉でした)を炒めます。そこに、玉葱、青唐辛子をたっぷり入れて炒めて塩を振って出来上がり。
特にここに書くほどでもないんじゃないかというくらい、とてもシンプルな調理方法でした。

*追記 書き忘れていましたが、玉葱を入れる前には、ギーという、エチオピアのバターを入れます。

これをインジェラで巻いて食べます。
ここで、驚愕の事実が発覚しました。



≫ "順応性に優れたD" の続きを読む...
copyright © べる Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。