precious memories
毎日の出来事は日々思い出になっていくから。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
髪を切る
2006年01月30日 (月) 03:16 | 編集
先日は、髪を切りに行きました。 
一応、町の中では一番キレイ(・・だと思う)で、美容のものが全て揃っているサロンです。髪の毛だけでなく、なんだかんだと、月に一度は行っています。

ここでのヘアカットについては今までも、いろいろあったのですが、今回もやってくれました。

こちらで髪を切るのは、今回で4回目くらいだったのですが、初めて「ご指名はありますか?」 と、聞かれました。ビックリ。
いつも切ってくれている人にお願いしようか、とも思ったのですが、まぁいいかと、指名無しにしました。 コレが、あとで後悔することになるなんて・・・。

シャンプー台では、台が倒れても、なかなかシャンプーが始まらなくて待つこと数分。
そしてシャンプーを洗い流す前(!)には、なぜか頭皮のマッサージをしつこく、しつこくしてくれる。    どうしたのかなぁ・・?
その上、スタッフがコソコソ何か話してるのがわかるのです。

マッサージって言っても、顔にも水がたれてきてるし、こちらの椅子式のシャンプー台に頭を置いていることも辛くなってきたし。・・・30分くらいたった後、


「スミマセン、今、お湯が出なくなってしまいました・・・。お水でも構いませんか?」
水でもいいから、もっと早く聞いて欲しかったな・・。

鏡の前へ行くと、どうやらいつも切ってくれている人は、忙しい様子。
別の美容師さんが来てくれました。それでも、練習なんかもあるだろうし、いつも言っているように言えば、ちゃんとやってくれるだろう、と写真も見せてレイヤーを入れて欲しいことをお願いすると、
「わかりました。とりあえず少し切りますね」
少しきる?違うんだけど・・・。レイヤーなんだよ・・・?

彼女は、髪を1cmくらいずつ、ちょっとだけ、ちょっとだけ、切っていきます。
それでも、 この後はさらさら~、と切ってくれるはず。
と、期待してました。
そう、サラサラ~と、切ってくれるはず! 

だったのですが…。
ちょろっと、後ろとサイドを切ったあと、前髪をやっぱりチョロッと切って、ドライヤーの準備。それでも、まだ期待している私は、
ああ。このコは、ドライカットをしてくれるんだ!
と前向き思考で頑張りました。 それなのに。
「ストレートがいい?どんな感じがいい?」
明らかに、彼女は仕上げに取り掛かろうとしてました(泣)。


≫ "髪を切る" の続きを読む...
スポンサーサイト
レザージャケット
2006年01月25日 (水) 04:28 | 編集
お祭りになる度に一頭丸々売られていく羊たち。 
もちろん、普段から売られていますが、一般のエチオピア人の経済状況から考えると、まだまだ特別な日のご馳走のようです。

  sheeps.jpg   sheep2.jpg

皮をはいだあとに羊飼いに皮をもって行くと、その皮は買ってくれるらしいです。 お祭りの前日になると、その皮がトラックに山積みになって運ばれていくのを目にします。

それらの皮を使った皮革製品は、産業の一部になっているようで、ちょっと古いですが、2000年のデータでは、コーヒーに次ぐ輸出品になっています。

羊の皮なので、やわらか~い。 
工場を見学させてもらったことがありますが、カラフルで色鮮やかな色見本が揃っていました。イタリアなど、ヨーロッパにも卸されているようです。そして、いろんなタグが貼られて、価格がビュンッと跳ね上がってるんでしょうね。
もちろん、こちらでもジャケットや皮小物が売られています。
でも、デザインがイマイチでなかなか購入にまで結びつかないのが残念なのですが。

jackets.jpg
                                    でも、買っちゃった。
もう何ヶ月もいろんなお店をチェックしていたのですが、いいな、と思ってもボタンとボタンホールの位置関係が微妙だったり、ジッパーが壊れていたり。「次来るまでに、直してくれたら買うんだけど」と言って約束(したと思っている)の日にもう一度訪れても、全然直っていなかったり。 頑張ろうよ! と思ってしまうことが、しばしば。

購入の際には、念入りなチェックが必要かと思われます…。

≫ "レザージャケット" の続きを読む...
最近、買えるようになった物たち
2006年01月20日 (金) 03:06 | 編集
ここでは過去にイタリアに侵攻されていた時代があった為に、イタリアを始めとした、欧米のものは(種類は限られるものの)購入可能だったのですが、アジアの調味料は、本当に手に入るものが限られていました。

sauces.jpg
 ところが、最近種類が増えてきて、うれしい限りです。


以前から、中国製の醤油や煎餅などは見ていたけれど、東南アジア諸国のものも入ってくるようになりました☆ ウレシイ・・。この他にも、ブラックビーンペーストやら、海鮮醤やら入ってきていて、お料理の幅が広がります♪

でもね、真ん中のお酢。『ライスビネガー』の文字だけに気を取られて購入したのですが、帰ってきて見ると、『ジャスミンライスビネガー』って…。なんだか怖くて、まだ開封していません。
Dにも、突っ込まれてしまいました。美味しいのかな…?

≫ "最近、買えるようになった物たち" の続きを読む...
コンタクト装着時にも、ご注意を。
2006年01月16日 (月) 03:59 | 編集
実はこの半年ほど、時々目の奥がキューっと痛くなることがありました。
          eye.jpg

かけていた眼鏡のツルもだいぶん緩くなっていたし、それが原因だろうと思って、眼鏡を買いなおそうと探しています。でも、私は目がとっても悪くて、どこの店で聞いても、レンズをガラスにするか(重い!)、外国からのお取り寄せしかない(高い!)、と言われて迷っていました。 コンタクトをつければ痛みが緩和していたので、取りあえずはコンタクトを着けて、しのいでます。
でも、最近あまりにも目が痛いし、その上ちょっと思い当たる出来事もあって、眼科巡りをしています。

先日もある眼科でチェックしてもらいました。
そこは、日本なんかでも見たことのある機械でちゃんと目の中身(って言うの?)を見てくれたし、先生の話もとても信頼できる内容で、初めて安心して任せられる、と思える眼科でした。

で、そこでカルチャーショック(?)だったこと。
私は、15歳の頃からコンタクトをしているのですが、最初、眼科で装着についてのレッスンを受けますよね?
私は装着前は、専用液で洗って、それを水道水で洗い流してから装着する、と習っていました。
(*追記 私は、ハードレンズ愛用者です。ソフトだと、水道水を使わないそうですね…。)


今回、眼科へもコンタクトをつけて行ったので、診察前にいったんはずして、診察中にもう一度着けなおすことになりました。
日本だったら、いろんな専用液が用意してあって、勝手に使えるようになっていますが、ここではそんなことは期待できません。それでも、コンタクトを扱っている眼科だったので(ここでは稀少なのです)、お願いして専用液を使わせていただいて、それを水道水で洗い流して、装着しようとしていると・・・。


≫ "コンタクト装着時にも、ご注意を。" の続きを読む...
香りに癒されながら、考えてみる
2006年01月14日 (土) 04:39 | 編集
     aroma.jpg

これまで、アロマセラピーといえばちょっぴり興味はあるけれど、ふ~ん、とか、ちょっと気になる、くらいのものでした。
それが、アディスではエッセンシャルオイルがかなりお手ごろな価格で手に入ることから、最近では気に入った香りのものを家で焚くようにしています。
とは言っても、質がどうとか、効果がどうとか、そんなことはわからないので、ただ香りを楽しむ、くらいのものですが。

それでも、いろんな香りを試しては、自分の好きな香りを探してみていました。

そんな私に救世主。
アロマに詳しい方とお会いして、先日は色々と教えていただきました。知れば知るほど、奥の深いものですね。・・って、私、まだ踏み入れた足のつま先ほども、わかっていないのだけど(笑)

当たり前ですが、それぞれのオイルにしっかりとそれぞれの効能があって、肌に直接塗れるものとか、殺菌とか防虫作用があったりとか。 勉強になりました。 フムフム、と聞いていたけれど、帰ってきてからもう一度思い返すと、どれとどれを混ぜればいい、とかあやふやになってきてしまっていて・・。(コラ!)
次の機会があれば、今度はしっかりメモを取ります。


≫ "香りに癒されながら、考えてみる" の続きを読む...
クリスマスの日
2006年01月08日 (日) 04:33 | 編集
今日はクリスマスでした。

昨晩は、Dが深夜に帰ってくるなり、「牛、見に行こう!!」というのでついて行くと、あるノルウェー人のお宅の門前で、解体していました(驚)。 
私たちもお邪魔して、見てはいたのですが、内臓を取り出し始めた辺りから辛くなって、退散しました。他の人たちはみんな和やかに、笑いながら見ていて・・・(-"-;)
(写真、撮ったモノをいただいたのですが、載せるべきではないかと。もし、写真を見たい人がいれば、言っていただくと、個人的に送ります。・・誰も見たくないかもしれませんが(苦笑 )

suk.jpgスミマセン。今日の画像ではないです


今日は、道を走る車の数も普段よりもずっと少なかったです。そして、道端にはたくさんの羊の皮が。
白い布を巻いてお祭りの服装をしている人を多く見かけました。かと思うと、道端で所在無げにしている若者や子供たちもいて、親戚で家に集まっていたりするのかな、とちょっぴり自分の子供の頃の、日本のお正月を思い出しました (あ。違う(笑)?)

≫ "クリスマスの日" の続きを読む...
クリスマスタイム?
2006年01月05日 (木) 20:26 | 編集
X-7.jpg


以前、コチラでも書きましたが、旧暦のエチオピア。
1月7日がクリスマスに当たります。

何でもエチオピアの人は、一生に一度、聖地ラリベラに行くのが夢らしく、特にこのクリスマスのシーズンには、ラリベラに向かう人が増えるそうです。

*ラリベラには、世界遺産にもなっている、岩窟教会があります。
NHKのサイトですが、こちらに写真が

そして、今、町はちょっとしたお祭りの雰囲気になっています。
鶏を売る女性が増え、飼った鶏をブラブラ吊るして、歩く人を多く見かけます。

数少ないショッピングモールでも、クリスマスのプレゼントらしきものを買う人をチラホラ見ます。
2週間前に一般のクリスマスを祝ったばかりの気がするのですが・・。
それにクリスマスプレゼントを買うような人たちは、一般的なクリスマス、新年も祝っていたと思うのですが。両方祝えて、お得ですね(笑)。

去年はちっとも気付かなかったのですが、クリスマスツリーやデコレーションも今の時期、たくさん売られています。一般のクリスマスの前には、そんなにたくさんの種類を見ることもなかった、と考えればやっぱりこちらが本番なのでしょうね。
2006年の抱負など
2006年01月01日 (日) 23:12 | 編集
bird4.gif

お正月、のんびりしてますか??


我が家の大晦日は、昨日も書いたようにイベントに参加しました。
楽しかったのですが、新年一発目の曲がエチオピアの曲だったのが、ビックリ。みんな肩をカクカクさせて、ホーホー言いながら踊っていたのが印象的でした。(ここでは、お祝い事のときにはインディアンのような雄叫びをします)
まぁ、ここはエチオピア。それが一番シックリくるのかもしれませんね。
そして、もちろん深夜に帰宅。

それでも朝はDをたたき起こして、形だけのおせち料理と新年の挨拶をしました。

そう、おせち料理。本当に形だけなのですが、作りましたよぉ。
ちょっとメモ代わりに、メニューを書くと。
錦卵、鯛の昆布巻き、鯛の照り焼き、お煮しめ、八幡巻き、栗なしのきんとん、それから酢の物など。

書いてみると、恥ずかしい内容なのですが、まぁいいでしょう。
そうそう。川魚しかない、エチオピア。
ですが、Dの職場の海外からのお客様が、魚を大量に持って来てくれたので、おすそ分けをして頂いたのです~(嬉)。マグロと鯛。あぁ、とっても貴重。 きちさん、ゴメンネ…

写真も撮ったのですが、まだ(!!)デジカメがなくて(泣)、フィルムのカメラで撮影しました。スキャナーが手元にないので、写真はまたいつか・・・。
デジカメ、欲しい…。1月にはDの出張が入っていたからチャンス!と思っていたのに、キャンセルになってしまったし、いつになったら手に入るのやら・・・。

≫ "2006年の抱負など" の続きを読む...
戌年ですから
2006年01月01日 (日) 02:05 | 編集
皆さま、あけましておめでとうございます。

tiger.jpg

ブログを始めて半年強。とんでもなくマイペースな更新のブログですが、それでも見てくれる方がいたから、ここまで続けることが出来ました。皆さま、昨年はありがとうございました。
年越し、どのように過ごされましたか?
年末年始は、旅行先で過ごされた方もいらっしゃるのでは、と思いつつ、私たちは、やっぱりエチオピアでの年越しです(涙)。

・・・って、日本の時間で挨拶しちゃいましたが、6時間の差があるこちらでは、実はまだ年が明けてません(笑)。


さて。上のわんこ、ウチの子じゃないんです。
近所のお宅のコで、生後2ヶ月の頃から見ているのですが、赤ちゃんの頃は腕に抱いてあげたりしていたのが、今ではすっかり大きく、力強くなって、散歩に連れて行かせてもらうと、こちらが引っ張られてしまいます。 あんなに小さかったのに・・・。
(実は飼い主さんも、こんなに大きくなると思わなかったようですが(苦笑 )


私が、家のソバを通るたびに顔を出してくれる、かわいい子です。

≫ "戌年ですから" の続きを読む...
copyright © べる Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。