precious memories
毎日の出来事は日々思い出になっていくから。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エチオピアのご飯
2005年09月25日 (日) 04:11 | 編集
前回の生肉に続けて、エチオピア料理を出しちゃいます。injera.jpg



こんな感じ。

『ワット』と呼ばれる、分かりやすく言えば、カレーのルーのようなものを、『インジェラ』という、周りにロール状になって配置されているクレープ状のものに包んで食べます。

インジェラは、発酵食品なので、初めて食べたときは酸味があって、驚いたことを覚えています。でも慣れると、病み付きになりますよ。鉄分が多く含まれているそうです。

この日は、断食用の野菜メニューもありました。
エチオピアのキリスト教徒は、水曜日と金曜日、それに加えてイースターや正月前など、決められた日や期間に、肉や卵、乳製品などの動物性食品を断ちます。
(その日はお休みになる肉屋もあります。)
私たちは、信者ではないので、野菜メニューだけでなく、肉メニューも頼んでますが(汗)
食べるときは、手でインジェラをちぎって、ワットを包みながら食べます。インジェラは、なくなったら、持ってきてくれます。
下に敷いてあるのもインジェラなので、もちろんコレも食べられますヨ。

食前、食後には写真のようにコレから、お湯を注いでくれるので、手を洗います。
石鹸も置いてあるので、お好みで(笑)

手を洗ったあとには、ハンドタオルを用意してくれるところもあって、至れり尽くせり感を味わえます。

余談ですが、ここでは、このインジェラが日本人にとってのご飯、というところで、エチオピア人は毎日最低1回は食べるそうです。
私たちが、海外で生活をしていて、どうしても日本のお米が食べたくなるのと同じように、エチオピア人は、インジェラが食べたくなるそう。
その昔、難民として隣国ジブチでキャンプしていた人たちは、インジェラがどうしても食べたいのに、原料のテフ粉が無いため、米粉のようなもので、インジェラのような物を作って、欲求を満たしていたそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
ずいぶんカラフルな料理ですね~。
試してみたいですが、色からすると辛そうですが?
テフ粉って何かと思って検索してみたら、Google(日本語で)で5件しかヒットしなかったです。べるさんが如何に貴重な体験をされているか、、、と改めてびっくりしました。(笑)
2005/09/26(月) 09:57:45 | URL | きち #YlatNgdA[編集]
試してみてください!
きちさん、こんにちは☆
お店にもよるのかと思いますが、中央左よりの茶色っぽい、赤っぽいワット(これはドロワットと言います)以外は、辛くないですよ。
ゼヒゼヒ試してくださいまし。
私は、2~3回食べてようやく慣れ、今では結構病み付きです(笑)。
2005/09/26(月) 20:53:55 | URL | べる #mwEp37y2[編集]
コメントありがとうございました。
エチオピアは、確か昔、イタリアが一時植民地にしていたか?なんだかで、イタリアにもエチオピアの方が多く移住なさってきていますが・・なかなかエチオピア料理にはお目にかかれません。
私は、珍しいお料理が好きなので、是非、家庭料理などもUPしていただけると嬉しいのです。が・・お一人だと作る気力が薄れますよね・・家も来月からは、一人が多くなりそうで、ご飯作らない季節の到来のようです。
2005/09/28(水) 10:38:53 | URL | ihoko #-[編集]
こんにちは。コメントありがとうございます。
実はエチオピア。イタリアに、侵略はされたものの、イタリアの植民地になる前に、イタリアを追い返した、というのが誇りです。アフリカで唯一(確か…)、植民地になっていない国だそう。

お料理ですが、家では、普通に海外生活者らしい食生活なので、お見せするほどのものではないのです・・・(恥)
2005/09/29(木) 20:42:27 | URL | べる #mwEp37y2[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © べる Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。