precious memories
毎日の出来事は日々思い出になっていくから。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運、では片付けられないこと
2005年10月29日 (土) 06:49 | 編集
発展途上国ではよく有る話なのかも知れません。
ですが、ここに来て驚いたことの1つに、女性が肉体労働をしていること、
というものがあります。

工事現場でも、重たい石を運んだりしている女性は多くいます。2人がかりで運びます。工事現場で女性が働くのを見た記憶があまりない私には、ショックでした。その他でも様々な場所での女性の労働を目にします。
girls.jpg


笑顔のかわいかった子達。

しかし先日行った、エントト山。
アディスが一望できると聞いて行ったのですが、その道中で私たちの目と心を奪ったのが、歩いて山を上り下りをしている女性たち。

それぞれの背中には、彼女たちの体重くらいはあるのじゃないかと思うほどたくさんの木の枝が積まれています。売るのかな?
背中いっぱいに、横向けに寝かせるようにして積み重ねられた木の横幅は、ひと一人分はあります。

背中に乗せた木の枝を支える為に、腰を曲げて歩く女性たち。

彼女たちのすぐ側を何台もの車やトラックが走っていきます。
これに積めば、一気に、そして簡単に持ち運ぶことが可能だろうに。
でももしかしたら彼女たちは、それを望んでいないのかもしれません。
一度に多くのことができるようになるということは、彼女たちの仕事がなくなってしまうことだから。大事な家族を養っていくためには仕事が必要。

家族の笑顔を思い出して、今日も彼女たちは背中にあふれんばかりの木枝をのせて山から下りていくのです。


・・・私の妄想が入っちゃっていますが、それでもやっぱり、心が痛くなる。生まれた国、環境がたまたま違ったというだけで、生活環境のこんなにも違ってしまった彼女たちと、私たち。それは彼女たちの責任じゃない。

それなのに、ずるい私は、結局最後には『日本に生まれてよかった』と自分の環境に感謝してしまう。・・・ひどいね

重たい木を背負っても尚、物乞いをしてくる多くの彼女たちの中で、ただ「HI」とひとこと、声をかけてくれた1人の彼女の笑顔を、私は忘れないでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
いつも楽しく読ませていただいているのですが、初めて書き込みをします!
写真の女の子たちとってもいいですねーー! なんだかジーンとしてしまいました。私の住んでいる国にも、たくさんの人がアフリカから来ているんです。エチオピアの方とはお会いしたことがないのですが、ブロンディからはかなり国内情勢が悪いため、難民として来ている人が多いです。 
エチオピアは一度行ってみたい国のひとつです。
これからも更新楽しみにしています!
2005/10/29(土) 11:25:25 | URL | Aida #1Pm8M8kY[編集]
ほんのわずかな偶然の違いを私もイタリアに来て感じます。たまたま、日本という国に生まれたというだけで待遇の違うことに最初は、優越感や満足感を覚えましたが、それが時とともに辛くなってきました。外国人議会(イタリアは外国人の選挙権がないので・・移民者達の代表者が移民者によって別に選ばれます)のボランティアジャーナリストをやっているのは、少しでも何か役に立つことはないか?と思うのですが、環境や生まれのあまりの違いに毎度愕然とさせられてます。
視点を少し変えて見てみると、世の中って・・ぜんぜん豊かじゃないんですよね。
2005/10/30(日) 07:47:31 | URL | ihoko #-[編集]
◇Aidaさん
こんにちは。はじめまして。
スウェーデンも移民の受け入れが多いんですね。
スウェーデンのこと、たくさん勉強させてもらいにお邪魔しますね~

◇ihokoさん
環境による生活の差。海外で生活を始めると、多かれ少なかれ、出会ってしまうことかもしれませんね。そういう意味でも、大きな差を感じさせない日本の国に育ってよかったと思ってしまうことがあります。
ジャーナリストとして、移民者の苦悩を発信(かなり意訳してるかも。違ってたらスミマセン)していくihokoさんは、立派ですね。
今までテレビで見るしかなかった現状の近くにいる現在。何か出来ないか、と思いつつ私はまだまだ模索中です。こうやって、ここに書くことで“ふぅ~ん”でもいいから思ってくれる人がいてくれたら、いいんですけどね。
2005/10/30(日) 19:05:58 | URL | べる #mwEp37y2[編集]
こんにちは。
確かに、確かに、ここインドでも同じような光景を見て、同じように感じます。
工事現場で煉瓦を頭の上に5~6個ずつ乗せてひたすら運ぶサリー姿の女性労働者。刈り取った草や、木の枝をやはり頭の上に乗せて運ぶ姿も日常的に目にします。
先進国では機械であっという間にこなす単純作業が、後進国では人の手で行われているのですね。それなら仕事は無尽蔵にありそうですが、仕事にありつけない人も多いと聞きます。
街にはゴミが散らばり、廃墟のような雑然とした商店街など、労働力を必要としている所は沢山ありそうですが、仕事がシステム化されていないのでしょうか・・・?
行政側のきちんとした管理が行われ、労働力が上手く配分されれば、とただ見ていることに歯がゆさを感じます。
車の中からただ眺めていると、たまたま生まれた場所が違うだけで・・・と思いますよね。
2005/11/07(月) 08:07:59 | URL | patjal #nSCGJEnc[編集]
patjalさん
インドと、ココって、本当に似ているのだな、と思います。不謹慎かもしれませんが。実際、エチオピアにいるインドやパキスタン、スリランカの人たちは、「同じよ~」って言いますし。(それでもきっと、そちらのほうが都会でしょうね)行政側の管理の仕方。私も、時々感じます。
かと言って、どうすることも出来ない自分にもまた情けなく感じますが。
2005/11/07(月) 18:15:37 | URL | べる #mwEp37y2[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © べる Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。