precious memories
毎日の出来事は日々思い出になっていくから。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティー・パーティー
2006年02月21日 (火) 12:21 | 編集
・・・って程ではないのですが。

休暇に行く前にぜひ、と思ってこの日は、近所の方々に来ていただいて、軽くお茶会をしました。  恥ずかしいのですが、写真をドウゾ
tea.jpg


外国人に来てもらうときに困ってしまうのが、お料理。
和食っぽいのを作らないといけないんじゃないか、とプレッシャーを感じてしまう。
・・・の割には、受け付けてもらえないものも多いんですよね。

うちにも外国人(=D)がいるのですが、そこはホラ、うちの外国人は雑食系でして、アフリカまで来てキムチを自ら作ってしまうという人(コチラ)。
納豆を含めて何でも食べてくれるんで食事は基本的に私の好きなもので平気なんですよねぇ。
で、以前、イタリア人にワカメの入ったお味噌汁を出して、部屋を退出するを得ない状況に追い込んだ私です。(ハハ。。。匂いがダメだったらしい)

ま、こんな私の失敗談も誰かの教訓になってくれればイイのです。  
                                開き直り?

ところで、この近所の方々なのですが、国籍が入り混じっていて、インド系の人 (“違う~!”って怒られちゃいそうですが、ここではスリランカ、インド、パキスタン、バングラデッシュはまとめさせてください) も何人かいます。

インド系の人、今までにも会ったことはあるのですが、今回のこの人たちの中には外国でも毎日サリーを着てお部屋にはサイババのお写真を飾っている人もいます。
私から見て、ザ・インドな方々なんですよねぇ。 (わかりにくい表現でスミマセン)

で、ここからが本題なのですが
今回来ていただいたインド系の方の中には宗教上のベジタリアンの方がいました。お肉も卵も牛乳、乳製品もダメ、その上地面の中に実をつける野菜(ジャガイモ、人参など)もダメという、私からしたら、「何を食べて生活してんの?」という人です。
そんな彼女たちも、自分たちで作ったルールがあるようで、例えば卵や牛乳は、ケーキに入れるなどそのままの姿でなければ食べてもいいことにしているそう。

彼女たちの菜食主義。当然私も知っていたのですが、なぜか都合のいい方向にだけ覚えていたようで・・・。


今回、お肉はダメ、とばかり思っていた私は、魚なら平気かも、と魚で攻めちゃったんですよねぇ。
たまたま、Dの職場のお客様がお魚を遠路はるばる持ってきてくださった、ということもあって、魚の少ないこの国だから、喜んでもらえるかなぁって。
後から考えればそんな訳あるはずもなく。

上の写真のお料理、前方のメイン2種類は魚。しかも奥のサラダは二ソワーズなのですが、ツナと卵を乗せちゃったし。チラシ寿司にしても、卵をかけてしまったし。(ハイ。卵もダメってこと、すっかり忘れていました。電話して確認するべきだった…)

結局彼女が食べられたのは、ワカモーレのカナッペと、ケーキのみ。
申し訳ない気持ちで一杯でした。


それにしても、彼女たちの話は聞けば聞くほど、自分たちの概念や宗教と違っていて、驚かされてしまいます。オモシロイです。
ホント、世界は広い!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バカンス満喫されましたか~?あちこち行かれたようでいいですね!
さて、ベジタリアンって、日本ではあまり聞かなくないですか?フランスでもあまり聞かないし。宗教上の理由の方は仕方ないのかな、と思いますが、肉魚大好きなワタシには、よかった、普通の日本人で。。。と思ってます。だからきっと、招待客の中にベジタリアンがいらしたら、同じように失敗するかも。そういう風に考える習慣ないですし。
でもきっと、その方も外で食べる時には色々あると思ってらっしゃるでしょうから、大丈夫ですよ!
でも、ほんと、世界は広いです!
2006/04/04(火) 15:57:32 | URL | きち #YlatNgdA[編集]
きち さん
暖かいコメント、ありがとうございます。
毎回夫の実家に行く度に、フランスは肉食だなぁってつくづく思います。

今は知らないけれどベジタリアンって、ヘルシーだ、ってことで以前に欧米のおしゃれピーポーの間で流行ったとか、なんとか・・・。ただ、自分で決めてそうなるのと、宗教上の理由でなるのとではやっぱり思い入れが違いますね。
実は、“生きているものを殺してはいけない”、というのが基になっている考え方らしくて、虫も殺してはいけないのだそう。この方のご家族は、それでも自分たちでルールを作っているので融通が利くそうなのですが、彼女の義理のご家族は、鼠やゴッキー、蚊などの害虫も殺さずに同居しているそう。(お食事中の方、ゴメンナサイ) いろんな考え方があるものです。
2006/04/05(水) 06:29:07 | URL | べる #mwEp37y2[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/29(月) 05:06:48 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © べる Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。